| 産業用太陽光発電システムの売電収入が止まったら…遊休地活用のオーナーさま、施工設置工務店さまの売電収入減少に備える売電収入保険を詳しく紹介しています。自然災害や盗難に備える保険は、本体の火災保険・動産総合保険だけで大丈夫ですか?売電収入保険なら、電気的機械的事故による売電収入の減少・停止にも備えることができます。発電設備の保険、ソーラーパネル比較、見直し、見積りに役立ちます。

太陽光の売電収入保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム

Blog

2019年01月21日

太陽光発電に保険が必要な理由

太陽光発電システムを導入することで、電気代を安くできたり、電気を売ってお金を稼ぐこともできますが、システムは屋外に設置することから、自然災害や盗難などいろいろなトラブルが考えられます。
基本的にメーカー保証は付いてきますが、保証の対象にならないトラブルも実際にたくさん起きています。
保証も保険もないとして、自然災害や火災などでシステムが故障した場合の修理費用や買い替えの費用は、全て自己負担となります。
盗難や獣害に遭った場合も、自己負担で対処しなければいけません。
現金で購入しないでローンが残っている場合は、本体を失ったまま支払いだけを続けなければいけなくなるリスクもあります。
支払いができるのであればまだましな方で、もしもシステムが落下したりして、人や物に損害を与えた場合は、億を超えるお金を支払わなければいけなくなることも考えられます。
このようなリスクを回避するためには、システム導入と同時に全てをカバーできる保険に入ることがおすすめで、万一の備えた保険に加入することで、安心してシステムの恩恵を受けることができます。
保険会社によっても補償内容は異なるので、あらゆるケースを考えて、最も安心できる保険を選びましょう。

保険会社を交換して安心しました!


太陽光発電を導入した際に、もちろん保険にも加入したので何が起きても大丈夫と思っていましたが、保険でカバーできない事態が起きてしまいました。
もちろん保険会社に事情を説明してもらいましたが、最初に聞いていた話と違っていて、さらにその時の担当者はすでに退社していて話がかみ合わなくて、このまま取引を継続するのも腹立たしいので、貴社のお世話になることにしました。
説明も分かりやすくて補償内容も充実しているので、安心して取引できそうです!
お問合せ・ご相談フォーム

PageTop

Copyright(C) 太陽光の売電収入保険 All Right Reserved.