太陽光発電 保険|太陽光発電の保険ならお任せ下さい。

太陽光の売電収入保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム

voice

voice

太陽光発電事業への知見が広い保険会社にサポート頂き安心です

私は、これまで全く別の仕事をしていましたが、父が行っていた太陽光発電事業を引き継ぐことになりました。右も左も分からない状態でしたが、少しずつ内容を理解しています。
祖父が過去に購入した広大な土地を利用して太陽光発電を始めた父は、先見の目が合ったのか売電単価が高い時期に始めたこともあり、かなり利益を出していました。
20年間売電単価が固定価格であり、場所が良いことから発電量も多いので20年経って買取価格が下がってもメリットは十分。父が導入した遠隔監視装置でチェックするものの、別の仕事をしながら出来るため負担が比較的少ない事業です。ただ、台風などの災害や盗難といった事故に対する十分な補償がある保険に加入していないことに気づき、見直しを考えました。
これを機に保険会社も変えようと思い調べたところ、太陽光の売電収入補償特約を備えた保険会社を見つけました。これは太陽光事業で最も重要なポイントであり、補償があるならば是非特約を付けたいと連絡を入れ、現在加入している火災保険の補償内容も見直しをお願いしました。
専門家ならではの助言を頂き、見直し加入を行ったのですが、これまでよりも保険料が安くなることは想定外でした。
補償が増したにもかかわらず年間保険料が軽減したので適時、見直しや相談が必要だと思いました。
voice

売電収入保険は電気的機械的事故による売電収入の減少・停止に備えることができます

太陽光発電システムの売電収入が停まった時に補償される特約があることをご存じでない事業主様は多く、お客様からご相談を受ける際に、特約についてご紹介しております。
太陽光事業において、事業主の皆様は火災保険に加入されているので対策は取れているとお考えですが、大切なのは補償内容、その範囲についてです。なぜなら、太陽光発電システムは自然災害による損害や設備・システムの盗難、獣害などの破損などにより、売電収入が停止するリスクを伴うからです。
近年は温暖化の影響もあり、自然災害・被害が深刻になっていますので、台風による破損、落雷による停電や投石被害なども珍しいことではなくなっています。金融機関から融資を受けている場合、資金ショートが起こり、返済に支障が出る可能性もあるため、売電収入補償制度が大きな助けになります。
売電収入が補償される期間はお客様の希望に合わせお選びいただくことができ、最大12か月間補償されます。免責金額や補填期間、特約の着脱により保険料の調整が可能ですので、保険の見直しと合わせてご提案しております。
充実した補償内容と保険料のコストダウンが叶うのが当社の強みですので、太陽光発電の事業主様はお気軽にご相談下さい。
お問合せ・ご相談フォーム

PageTop

Copyright(C) 太陽光の売電収入保険 All Right Reserved.