保健提案のおかげで難航していた太陽光保険が解決出来ました|太陽光発電の保険ならお任せ下さい。

太陽光の売電収入保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム
本体の保険のチェックポイント
承認番号:SJNK16-80243
承認日:2016/10/21
社長のブログ
太陽光の売電収入補償保険Facebook

voice

voice

保健提案のおかげで難航していた太陽光保険が解決出来ました

不動産事業を中心に太陽光事業も営んできた当社ですが、保険料の値上がりが何度もあり、ついには保険継続が出来ないと一方的に連絡され憤慨していました。
これまでも値上がりの度に問い合わせをしてきましたが、納得のいく回答はもらえず、保険会社として太陽光保険に消極的な状況にあると言う抽象的な表現ばかり。そして保険の更新も不可能となり、急遽、他の保険会社へ相談せざるを得ませんでした。
不動産事業で契約しているこちらの保険代理店へ相談したところ、新年から新規の契約において引き受け条件が変わり、補償範囲も極端に少なくなったとのこと。
これが太陽光保険の現状で、保険会社にとって採算の合わない保険となっていることを知りました。
しかし、こちらの保険代理店が優秀なのは、当社が不動産事業による収入があることから別の角度で保険プランを提案してくれたことです。
保険料は高くなりましたが、以前よりも補償範囲が広がり免責もありません。保険への懸念が解消され安心しています。
voice

太陽光発電事業主様に最適な保険提案をさせて頂きます

太陽光保険の引き受け条件が厳しくなり、重なる保険料の値上がりから事業主様は頭を抱えておられると思います。
自然災害の影響、多発する盗難被害など、太陽光保険が保険会社にとってリスクが高く、採算をとるのが難しい背景から来るものと言えるでしょう。見直し先を探されている事業主様はどの保険会社からも同じような説明を受けられていると思います。
そして本年度より新規契約の補償範囲が「火災・落雷・破裂・爆発」のみとなり、これまであった「風・雹・雪・水害・電気的機械的事故、その他の危険補償」は補償範囲からなくなりました。太陽光事業で役立つのは落雷への補償くらいです。
そのような条件下で保険代理店の当社ができるのは、保険のプロゆえの柔軟な発想による保険提案です。
太陽光売電収入以外の事業収入がある事業者様については、太陽光保険以外の方法で盗難や台風の補償を追加することができます。
結果的に、これまでの保険より補償内容が充実し、免責なしという方法が得られることもありますので、保険にお悩みがある太陽光発電事業主様は当社にお問合せ下さい。
お問合せ・ご相談フォーム

PageTop

Copyright(C) 太陽光の売電収入保険 All Right Reserved.