太陽光発電の損害保険の補償について|太陽光発電の保険ならお任せ下さい。

太陽光の売電収入保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム

FAQ

太陽光発電の損害保険の補償について教えてください。

投資として産業用太陽光発電システムの導入を考えていますが、まだいろいろ勉強中で現在保険について調査中です。
導入費用は金融機関からの融資にも頼ろうと考えていますが、長期に渡る投資ということで、少しでも不安を軽減するため、損害保険には加入する予定ですが、メーカー保証もついているので、余分な経費は少しでも削減できればいいと考えています。
そこでメーカー保証の適用範囲と、必要な補償について教えてください。

answer

自然災害に備える補償などが必要となります。

メーカー保証につきましては、基本的には製品保証と出力保証が用意されています。
器機に不具合が起きた際に適用されるのが製品保証で、保証期間は一般的に10〜15年に設定されています。
出力保証は、発電性能を一定期間保証するもので、こちらはほとんどのメーカーが20年以上の保証を設けています。
通常太陽光発電の投資は20年かけて行われますので、期間的にもメーカー保証だけでは不十分ということになり、製品保証は外部からの被害には対応していないため、自然災害などの被害を受けた時のために任意で加入できる損害保険が必要となります。
自然災害などに対応している火災保険の他にも、太陽光発電が他人や物に損害を与えた場合の賠償責任保険や、発電は停止した際に売電収入を補償する売電収入補償への加入もおすすめします。
お問合せ・ご相談フォーム

PageTop