太陽光発電ビジネスのデメリット|太陽光発電の保険ならお任せ下さい。

太陽光の売電収入保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム

FAQ

太陽光発電ビジネスのデメリットとは?

土地付き太陽光発電を勧められて、現在導入を考えています。
利回りも良く、固定買取制度もあるので、十分に元以上のものを回収できるし、良いビジネスだと考えています。
しっかり保険に加入することで、万一の時の収入も補償されることが分かり、リスクはほとんどないと考えていますが、太陽光発電ビジネスのデメリットがあれば教えてください。

answer

今のところデメリットは少ないと考えられます

太陽光発電ビジネスのリスクの1つに、出力抑制があります。
これは電力を買取る電力会社の需要に対して、供給が多過ぎる場合に、太陽光発電の売電を絞るというものですが、実際にこれまで抑制がかけられたのは一部の離島のみで、滅多に起こることはないと考えていいでしょう。
さらに出力抑制保険という商品もありますし、この保険に加入することで、金融機関からの融資もおりやすくなり、金利も低くなるという話もあります。
その他には、20年で元以上を回収したとしても、それ以降の保障が今のところ確約されていないデメリットがあります。
しかし、太陽光発電の固定買取システムが開始されてから数年経った現在でも、太陽光発電市場が縮小しているわけではなく、むしろ需要が高まっています。
再生可能エネルギーを増やしても、電力不足である状況はこの先も変わらないことが予想されます。
20年経過しても、電力会社が太陽光発電の電気の買取を停止する可能性は低いでしょう。
お問合せ・ご相談フォーム

PageTop