太陽光発電の保険へ加入する際のポイント|太陽光発電の保険ならお任せ下さい。

太陽光の売電収入保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム

FAQ

太陽光発電の保険へ加入する際のポイントは?

会社で太陽光発電システムを導入しようと考えているのですが、心配なことがあります。
それは、もしも天災などでシステムが稼働しなくなり、利益が出なくなった場合のことで、そうなると、銀行から融資を受けた分の返済を自腹で負担しなければいけなくなり、本業に大きな支障が出てしまうことになります。
保険に加入すれば、システムが天災で壊れてしまっても、修理や復旧には自己負担を強いられる心配はないと思うのですが、この点に関してすでに太陽光発電システムを導入している方々はどうやって備えているのでしょうか?

answer

売電収入補償があるので安心です

ご指摘のように、災害が起きたときにシステムがダウンして、売電収入が得られなくなった場合には、「売電収入補償」でカバーできますので心配は無用です。
近年は特に自然災害が頻繁に起こっていて、さらにパネルや電線が盗まれる事件も多発しています。
そうなると、長い時間収入が得られなくなり、金融機関などへの返済が滞ってしまう恐れがありますので、それに対する保険もきちんと用意されています。
売電収入補償は、災害などにより事業計画上の発電量に達しないときの営業利益の減少分が補償されますので、太陽光発電事業のリスクを軽減させることができます。
ちなみに、売電収入補償は、火災、落雷、水害、風災、雹災、雷災以外にも、機械的事故や盗難や電気系統の事故なども補償の対象になっているので安心です。
お問合せ・ご相談フォーム

PageTop